恋愛論

女医さんの結婚事情〜女医はモテない?なぜ独身率が高いのか?

「女医の1/3の法則」という言葉をご存じでしょうか?

  • 女医さんの中で1/3は結婚して幸せになる
  • 1/3は結婚しても離婚する
  • 残りの1/3は生涯独身

という法則です。えぇ〜ほんとに?と突っ込みたくなるんですけど、これはそんなに的外れな数字ではなかったりします。

というわけで、今日は女医さんの結婚事情と独身率の高さについて、なぜ女医さんはモテないとか色々言われてしまうのか、を持論展開していこうと思います。

女医さんの独身率

まず、この記事を書いてみようと思いついてからネットで女医さんの独身率を探してみたところ、分かりやすい図を見つけました!

そりゃあんまりな「職業別・年収別の未婚率」:PRESIDENT Online – プレジデント http://president.jp/articles/-/21243より引用


(前略)・・・斜線より上にあるのは、女性の未婚率が男性より高い職業です。医師は性差が大きくなっています。男性が6.1%なのに対し、女性は28.7%です。高収入ということがあるでしょうが、超激務ゆえに家事・育児との両立が困難なためと思われます(女性)。・・・

そうなんです、男性医師って圧倒的に独身率が低いんです。

多分生涯未婚率でいったらもっと下がると思います。

このグラフで男女で独身率に差があるのは明らかですよね!!

その一方で女医さんは先ほどの1/3の法則に当たらずとも遠からずの数字。しかも男性と違って女性は旬の時期が早いですからね、45歳以降での結婚は皆無でしょう…。

女医はモテないのか?→いや、モテるはず!

てことは女医さんはモテないのかというと、私はそうでもないと思ってるのです。

 Q.結婚したい女性の職業は?
・第1位 看護師(8.9%)
第2位 医師(5.2%)
・第3位 公務員(4.2%)
・第4位 保育士・保母さん(3.6%)
・第5位 キャビンアテンダント(CA)(3.1%)
・第6位 アイドル(2.1%)
・同率6位 アナウンサー(2.1%)
・第8位 事務職(1.6%)
・第9位 弁護士(1.0%)
・同率9位 会社員(1.0%)
・同率9位 女優(1.0%)
https://woman.mynavi.jp/article/170426-15/より引用

この手のラインキングって調査が違うと微妙に結果が変わるんですけど、大体女医さんってどのランキングでも1~10位にランクインしてるんですよね。

なので私は別に女医さんは根本的にモテないわけじゃないと思うんです。

女医はモテる(持論)をもつ根拠

私は女医さんと結婚するメリットは沢山あると思っています。

  • 見た目可愛い子が多い
  • 育ちが良い子が多い
  • 職業の安定度No.1
  • 女性の職業の中では稼げる度かなり上位
  • ある程度の学年になればバイトで稼ぐのもアリなので、子育てしながらも稼げる
  • 頭良い人多いので子どもも遺伝子的に優秀な子が生まれやすい(ほんと?)

といったところがきっと女医さんの主な魅力です。

見た目や育ちが良い子が多い

実際見た目可愛い子は多いと思います。育ちが良いとも関係するとは思うのですが、私大の出身とかだとお金持ちのお嬢さんが多いんです。

お金持ちの子って大体可愛いじゃないですか。

私大は特に親が医者って子も多くて、医者の奥さんは可愛い人が多いのでその遺伝子を受け継いでるせいかもしれません。

職業が安定していて、女性の職業の中ではかなり稼げる

そしてやっぱり女医さんの強みは収入面です。

医者は世間で言われるほどの高収入ではないですけど、多分女性の職業の中ではかなり稼げる方だと思います。そして、何より女医さんのメリットは医者としてのバイトの給料が良いことです。

外銀とか金融のバリキャリ女子の方が年収で見れば高いかもしれない。でも、女医を結婚相手として見た時の強みはなんといってもバイトです。

一日で10万前後もらえるバイトがザラなんですよ。

なので子どもが出来た後は週3くらいでバイトで9時17時だけ働こっかなーっていうのでも、一般の人の平均の何倍も稼げちゃうわけです。

他にこんな職業ないでしょ?

ゆえにモテるかモテないかで言えば、断然モテる(持論)

これは完全に私の持論ですが、いわゆるハイスペと呼ばれる男性達は特に(見た目が美しい相手を求める点は共通するとして)、それ以外に相手に求める条件が二パターンある気がしていて、

家で美味しいご飯を作って待っていてくれる家庭的で癒やしをくれるタイプか、頭よくて話のレベルの合う自立した女性か。

前者タイプは仕方ないんですけど、後者タイプの男性には女医さんってウケは良いと思うんです。勿論100%とは言わないですよ。後述するように仕事が出来る分プライドの高い女性も多いので、気が強そうでめんどくさそうとかの意見も聞きます。それは否定しないです。

あとなぜか女医はエロいイメージをもたれがちなので、性的に期待されてる気もします。あの、別に女医だからってどこが気持ちいいとか分かんないと思うので……(ry

で、結局のところ世間ではそこそこ需要があるけど、女医さんの供給量は絶対にそれを上回っていないと思っています。だから女医=モテない論は否定します。Q.E.D

 なのに!!

なぜあの独身率の高さ、しかも男女差ワースト1の称号を獲得してしまっているのでしょうか!!

なぜ女医は男性医師より独身率が高い?

そしてここからはなぜ女医さんの独身率が高いのか、私なりに常日頃から思ってることを書いておきます。

理由1 職場での出会いがない&恋愛スキル不足

単純に出会いは少ないと思います。ただし、これは医者になってからの話。

最近は女性の医者も増えてますけど、女医さんって珍しいイメージがある通りやっぱり医者は男性の方が多いです。

なので医学部入ると基本人数比は女子<<男子になります。女子の多いところでも大体半分くらいで、私の大学時代は医学部の同学年100人のうち女子は1割ちょっとでした。

学生時代の医学部女子は学内では供給<需要となることも多く、実は結構モテたりします女医さんであっさり結婚する子は学生時代から付き合ってた人と結婚するパターンが多いのです。

ところが、働き始めると一気に男女で形勢が逆転します。

働き出すと職場には看護師さんという、圧倒的に女性の比率が高い職業の方がいます。

しかもどこの病院も基本医者の数より看護師さんの数が多いですから、男性医師はウハウハです。「医者」っていう肩書きだけでモテまくるので、あんまり女医さんに見向きしてくれない人も多くなります。

というわけで、女医さんは働くと一気に職場での出会いが減ってしまいます。

おまけに大学時代は特に努力をしなくても割とモテる生活をしてきた彼女達は、女性ばかりの職場で戦ってきた看護師さんと違って恋愛スキルが圧倒的に不足しがちです。

こうして就職してからなかなか相手を見つけられないまま歳を重ねていってしまうことになるのです。

理由2 仕事が大変な時期が出産適齢期と重なる

仕事が大変なのはまぁなんとなくお分かり頂けると思うんですけど、女医さんって浪人や留年なしにストレートでいっても医学部6年+研修医2年が終わったら25~26歳なんです。

研修医の後に専門科を決めて、専門医が取得出来るのが科にもよりますが4~6年くらいかかって、ある程度一人前になれる頃にはもう30歳過ぎます

なんとなく、専門医取るまではしっかり働きたいよね、って女医さんが多いので、そうなってくると完全に出産適齢期を逃してしまうわけです。

別に専門医取るまでは子ども作っちゃダメ!なんてことはないんですが、この時期って医者としてキャリアを作る大事な時期なので、産休や育休で長く休んじゃうのはちょっと…っていう女医さんも多いです。

理由3 プライドも理想も高くて避けられやすい

これもまぁしょうがないです。プライド高い人が多いし、理想が高い人が多いです。

それゆえに「めんどくさそう」とか「性格きつそう」というイメージも強いです。

お金もそこそこ稼いじゃってる(年収1000万くらいが平均な気がする)ので、自分と同じくらいの年収の人がいい、なんてなるとその時点で相手の選択肢がぐーんと絞られるわけです。

あとは女医さんって話してて「あの子、”一般の人”と結婚したらしいね」というような会話があります。お医者さん用語で、“一般の人”=”医者以外の人”です。

なんとなーく、なんとなくですけど、女医になったからには医者と結婚、って思ってる女医さん、実は結構います。

別にハイスペックな職種って医者の他にもありますし、むしろ医者って安定してるというだけでそこまで高収入じゃないと私は思ってるんですけど、なんというか医者の世界ってこういう排他的なとこあるんですよね。

理由4 結婚に対するモチベーションが低い

理由2とも少し関係しますが、結構あるんじゃないかと思うのがこの理由4。研修医が終わり、専門を決めて歩み始めた27~28歳くらいの女医さんはこう思います。

仕事が楽しいし、お金もそれなりに貰って欲しいものは大体買える。
結婚したりすると家事をやらなきゃいけなかったりで自分の時間が減って、勉強時間も減ってしまう。だからまだあんまり結婚へのモチベーションはないんだよね。

経済的依存を理由に結婚する必要がないので、「結婚して専業主婦になりたい!」とかそういうモチベーションが低いわけですよ。

20代後半は仕事も楽しくなる時期で、お金もそこそこ貰えるから好きなもの買ってたまに飲みに行ったりしてで楽しいし、妥協してまで結婚したくないと思いがち。

ただなんとなく、ある程度年齢いって独身だと「あの人独身なんだね(ヒソヒソ)」とか言われちゃうのが嫌だなぁとか思い始める。

だけどそう感じる頃にはもう30過ぎてて若さというレバレッジが使えなくなった今、いいと思える相手がいない…。

このパターンに陥りやすいのは多分そこそこ容姿がキレイで恋愛経験もある女医さん(予想)。今の不自由ない生活で、妥協してまで無理に結婚したくないと思っていた人です。

実際結構年齢上で独身の女医さん、美人で仕事も出来て怖い先生が多いんですよ。

理由5 排他的な医者の世界

最後に、女医さんは言います、「結婚はしたいけど出会いがない」って。確かに理由1で書いたように職場での出会いは働き始めると減ると思います。上級医のマトモな良い先生は大体結婚済み。

でもでも、それなら別に職場以外で出会い探せば良いんじゃないかという気もします。

そんな出会いないっていうけど、高校の友達とか、学生時代に一回だけ飲んだ人とか絶対いるじゃないですか。そういう人に飲み会開いてもらうとか、その気になれば出会いなんていくらでも作れると思うんですよね。

「合コンとか飲み会で出会うのってなんか嫌…」とか「一般の人は嫌」って言うけど、むしろなんでそんなに医者って排他的で「医者がNo1」みたいに思ってるのか理解出来ない。

自分が稼いでて社会的ステータスもそこそこ高いので、相手にもそれなりの社会的ステータスを求めるのは分かるんです。

でも別に相手を医者に限定しなくても良いと思うし、その気になって飲み会とか出会いの場に行けば結構すぐに相手見つかるんじゃないかと思うんです。

だって意外と世間での女医の需要は高い上に、確実にそれを上回る供給量の女医はいない!

でもとにかく医者の世界って排他的なんです。妙に選民意識があります。

男性医者も比較的そういう人が多いですけど、男性は看護師さんも多くてよりどりみどりで職場でも充分出会いがあるっていうのが女医さんとの違いかなと。

もっと広い世界を見れば良いのにね〜…

まとめ

というわけでまとめると、

女医さんが独身率が高いのは根本的にモテないわけじゃなく、その他諸々の理由によるものが重なっている。考え方・やり方次第で女医さんはモテる。そして女医さんを狙う男性はきっとチャンスあるよ頑張れ!

ということになりました。

記事を読んでくれてありがとうございました♡