旅行&ご褒美

アラサーで初めてのスキーに行ってみたのでポイントとかまとめてみた

どうもこんにちは!

私、アラサーにして今回人生初のスキーに挑戦してみました!

行く前に調べた事前情報や実際の様子など、これからスキーを始める人にも参考になるかも…!?と思ったので少しまとめておきます。

序盤は私がスキーに行ったことがなかった理由や今回スキーに挑戦した理由など書いてるので興味ない方はとばしてくださいね!

これまでスキーに行ったことがなかった理由

一番の理由は、私のお父さんがスキーが嫌いだったからです。

お父さんが大学時代に行ったスキーで財布を落としたりと嫌な思い出しかなかったらしく、二度とスキーには行くまいと決めたそうです。

なので私は小さい頃から家族旅行で行くのは海ばかりで、海外旅行なんかも連れて行ってもらったりしていたけれどスキーには行ったことはありませんでした。

しかし高校生や大学生になってくると、「みんなでスノボ行かない?」とかの話になったりすることもあったんじゃない?とよく言われます。

確かにありました。

ただ私は根本的に集団行動が嫌い&苦手です。

昔から修学旅行や部活の合宿みたいなのが苦痛で仕方無かったのです。

ですから「みんなで旅行行こう」みたいなのも苦手だったので、「私スキーもスノボ出来ないから…」と言って断り続けて来た結果、今まで一度もスキーやスノボにに行ったことがないという事態になりました。

最初に書いとくけど、私は運動が嫌い

あともう一つ、最初に書いておきますが私は運動が嫌いだし苦手です。

小中高大と「一番嫌いな教科は?」と聞かれたら迷わず、

「体育」

と答えていました。

人並み程度に出来るor出来たスポーツは、

  • テニス…高校生の時になにを血迷ったか雰囲気でテニス部に入部してしまったけど、もう10年以上やってないから今は出来ない。
  • スキューバダイビング…大学の時にハマってて350本くらい潜ってた。正直慣れればそこまで運動量必要じゃない。
  • ヨガ…働き始めてさすがに自分の運動不足がやばいと感じてとりあえず通い始めた。

くらいです。

基本運動神経は悪いので、走ったり激しく動くようなスポーツは苦手です。

なぜスキーに行こうと思ったのか?

さて、ここまで書いてくると私がなぜ急にスキーなんて行こうと思ったのか?と疑問がわいてきませんか?

私数年前にフィンランドにオーロラを見に行ったんですけど、この時に色々調べた結果服装はスキーウエアが良さそうということになり、今まで一度もスキーをしたことないにも関わらずスキーウエアを買いました。

ちなみにこの時のフィンランドではとてもキレイなオーロラが見れました(*´艸`)

そしてそのままタンスに眠ったまま一度も使われていないスキーウェア…せっかくなので一度くらい活用しないか?

ということでスキーに行ってみよう!となりましたw

運動嫌いだけど、正直スキーとか滑るだけでそんな運動しないやろ、と完全に舐めきってた状態で人生初のスキーに行くことにしました。

It is never too late to start something new.

というのはよく英語の例文として出されますが、「何か新しいことをはじめるのに遅すぎるということはない」という気持ちで臨んでいこうとおもいます。

スキーに行く前にやったこと

Twitterでアドバイスを聞いてみた


とりあえず軽い気持ちでTwitterでつぶやいてみたんですが、コメントや引用ツイートでめっちゃ沢山のアドバイスをいただけました。

滑り方とか

  • スクールに入った方が良い
  • 板に立つと滑れる
  • 転び方が大事
  • 危ないと思ったら転ぶ、ブレーキのかけ方を体感出来ると怖さがなくなる
  • 転ぶ時は横に倒れるべし 後ろに倒れると無限ヒット食らう
  • 自分の能力以上の傾斜に挑まない
  • コース外には絶対に出ない
  • スキーは滑りを楽しむものではなく、終わった後ブーツを脱いだ時の開放感を楽しむもの
  • スキー靴は滑りやすいので、歩く時、ゆっくり。レストランとかで転ぶと痛い。
  • 滑れないと思ったら、潔く板を外して担いで歩く(コースの端っこを歩こう)
  • スキーブーツで歩く場合、バックルを完全に解放すると歩きにくい
  • 筋肉痛が想像よりくる

服装や準備

  • 正露丸飲むか、お腹にカイロで冷えからくる下痢を回避する
  • フェイスマスクつけるとあったかいし焼けない
  • グローブ付けるまえに綿の布手袋一枚下にしてからすると手が凍えない。靴下もそう。
  • ヘルメットつけるべし
  • 日焼け止めとヒートテック必須
  • スキーも含めて冬のスポーツのインナーにヒートテックは絶対にだめ。許容以上の汗をかくと急激にカラダを冷やしてしまう。
  • 断熱性とクッション性を併せ持つプロテクター必須
  • 大事なのは怪我をしないこと

お医者様達からのアドバイス

  • スキー外傷ランキング
    1.膝関節捻挫
    2.頭部/顔面挫創
    3.下腿骨折
    4.足関節捻挫
    5.肩脱臼
  • 脛腓骨骨折はほぼオペ適応
  • 橈骨遠位端はsplintでいける場合も
  • 意外と多い肝・脾損傷
  • ヘルメットで頭部外傷は予防可能

その他

  • その辺にいる男が5割り増しでカッコよく見えるという『ゲレンデマジック』という言葉があるので注意
  • ゲレンデマジック発動させていい男ゲットすべし!!!
  • 男の人を転びそうな時にクッションにする…
  • ブーツを履いて歩いてる時にガンダムみたい!って思うかもしれないけど全然違う

 

といったありがたいアドバイスを沢山いただけました!

割とスキー舐めてたので「私大丈夫かな?」とかなり不安になりました。

YouTubeで予習した

スクールに入ろうか迷ったのですが、とりあえず一緒に行く旦那さん(スキー歴はそこそこあるけど、彼も10年ぶり)に自宅で教わりながらYouTubeで予習していくことに。

動画を見ながら事前に学んでいったことは

  • スキー板の裏はつるつる
  • 内股で板をハの字にするとつるつる面が雪に触れなくなるのでブレーキがかかる
  • ブレーキをかけながらハの字で滑ることをボーガンという
  • 右足で踏ん張ると左へ曲がる、逆も然り
  • そのまま踏ん張り続けるとブレーキがかかる
  • 結構力入れるつもりで踏ん張る
  • 重心はブーツの上にあるように意識する

 

といった基礎知識を学んでいきました。

実際のスキーの様子

というわけで行って来ました!

ちなみにこの時髪の毛を外に出してますが、フェイスマスクの内側に入れてた方が良かったです。後から入れようと思うと髪が凍ってて冷たいので後悔します。

形から入りたい派なのですが、スキーウエアは上述のように元々持っていたので、ゴーグルはアマゾンで見た目がちょっとかっこよさそうなのを買いました。

あとアドバイスにあったフェイスマスクつけようと思ってAmazonで買ったこれはなかなか暖かくて良きでした(*´艸`)

今回行ったスキー場

福島県の猪苗代にある初心者向けコースのあるスキー場に行って来ました!

猪苗代湖行ってみたいね〜という話になったことと、今回行ったスキー場は子どもも沢山いて割と初心者向けっぽいコースがあったのでちょうど良かったと思います。

今回の服装

服装はヒートテックは防寒のために必須という意見と、汗をかきすぎてダメという意見があり迷いましたが、とりあえず自分の持ち物で薄手の動きやすい、保温性のあるインナーはヒートテックしかなかったこと、寒いとやる気がなくなりそうだったのでヒートテック採用することに。

  • 上はヒートテック+ユニクロのフリース+スキーウエア+背中に張るカイロ
  • 下はタイツ+スキーウエア+厚手の靴下
  • 手袋は2重にするとちょっと手が使いにくい気がしたのでスキー用手袋1枚
  • ニット帽+フェイスマスク+ゴーグルで完全防備

 

で挑むことにしました。

ヘルメットは今回つけていなかったのですが、自分はスピードを出す気はなくても貰い事故も多々あるので多分つけた方が良かったです…。

最初に平地でちょっと練習

結局スクールには入らずに、とりあえずリフトに乗らずに平地で少し練習しました。

ボーガン(ハの字)でブレーキかける練習と、転び方を教わりましたw

転び方の練習ということで転ぶのは良かったんですけど…

お、おきあがれない…

スキー板つけて自分で起き上がるのがほんと無理なんですけど…

というわけで、転び方は覚えたものの、起こして貰わないと起き上がれませんでした。

初級コース→中級コース滑ってみた

今回はソニーのアクションカメラでムービーを撮ってもらったので、折角なので動画で私の成長過程を見て欲しいのですが、動画編集は時間かかってめんどくさくなってしまったのでとりあえず画像でお送りしますw

最初は平均斜度8度くらいの初心者向けコースで練習してみました。

↑とりあえずおそるおそる初心者コースを滑りはじめる私の図。ブレーキかけながらめっちゃゆっくり滑ってます。

少し慣れてきてカメラ目線が出来る余裕が出てきた私の図です。

↑ボーガンじゃなくて平行にしてちょっとスピードを出してみることに挑戦する私の図

数時間で何回か初心者コースを往復したところ、だいぶ慣れてきてブレーキもかけられるようになったので転ぶこともすくなくなりました!

そこで最後は平均斜度14〜16度くらいの中級コースに行ってみました。

↑中級コースに来てみたけど傾斜を見てひるむ私の図

正直、中級コースとか早すぎじゃね?と思いつつ、せっかくだからと思って来てみたけど、登ってみたら怖くて来たことを後悔しかけました。

めっちゃゆっくりだけど中級コースも滑ってみました。

いやでも、怖かったけど最初にアドバイスされた通り、

  • ブレーキをかける感覚をつかむ
  • 危なくなったらいつでも転べる

 

のを意識してると結構楽しく滑れるようになったかも!

スキー後はすごく疲れる

滑ってる最中は楽しいのですが、おもってる以上に終わった後に疲労がどっときます。

初日は午後から数時間ほどスキーをしたのですが、終わったらすごい体に疲労感があり、夜は21:00くらいに眠くなって寝てしまいました。

そして筋肉痛も結構来ます。(運動不足の私は1日半後くらいにきてます…)

まとめ

というわけで、今回の私のスキー初体験からの学びとまとめです!

  • スキーは楽しい
  • 転び方大事
  • ブレーキのかけ方が分かると少し楽しく滑れるようになる
  • スキーは思ってた以上に全身使うので疲れる

でした。

初めてスキーに行く人の参考になれば嬉しいです。